リゾートウェディングを挙げるなら【費用を比較しよう】

小物まで考慮した選択

男の人

ウェディングドレスにタキシード、というのは、結婚式の新郎新婦の定番です。結婚式の衣装というと、女性のドレスばかりクローズアップされがちですが、男性のタキシードも同じくらい重要です。結婚式を完璧なものにするために、男性もしっかりと準備をして臨むのがベストです。まず最重要ポイントは、タキシードのサイズ合わせを念入りにしておくということです。衣装選びの時と結婚式直前、最低でも2回は確認しましょう。もし途中で体形が変化してしまったと感じたら、直しの時間がありますので、早めにサイズ調整に行っておくのが無難です。次に、自分で用意するものを確認して、できるだけ早めに揃えておくことです。レンタルでも、タキシードに必要な小物も全て込みの場合とそうでない場合があります。特にシャツは、首回りなどのサイズ合わせが細かいので、自前の方が良い場合もあります。靴やベルトとあわせて、自前で準備する場合は、タキシードに合わせてOKなものかどうか、レンタルショップやプランナーに一度確認してもらえば安心です。その他、サスペンダーやカフス、チーフや手袋など、日常で使わないものは忘れやすいので、特に念入りにチェックしておきましょう。そして、意外と要注意なのが「下着と靴下」です。新郎の忘れ物で一番多いのがインナーと言われるほど、身近すぎて見落としやすい点です。白のVネックかUネックのものを選びましょう。下はトランクスよりボクサータイプ、タキシードが淡い色ならズボン下があると安心です。靴下は靴の色と合わせた無地のものを準備しましょう。どれも、念のために替えも用意しておけば完璧です。